紫外線と皮膚がんには大きな関係がありますし、皮膚がんが発症する確率は紫外線を浴びる量によっても数倍違ってくるとまでいわれているほどです。 紫外線の光は肌にとって有害といわれていますが、その理由として挙げられるのが、紫外線の光は肌を通過し、直接遺伝子にまで到達してしまうことでしょう。 遺伝子は人間の体を作っている大切な細胞であり、紫外線はその細胞に傷をつけてしまうのです。 通常なら、紫外線で細胞に傷がついてしまっても、修復できることがほとんどですが、遺伝子が突然変異を起こしてしまうこともあり、その結果、皮膚がんを発症する確率が高くなってしまうといわれています。 紫外線を予防することによって皮膚を守り、さらに皮膚がんの発症リスクを抑えることができますが、紫外線対策を何もしない場合、紫外線はどんどん肌へと到達します。 すると、それだけ肌に悪影響を与えてしまいますし、皮膚がんの発症リスクも高めてしまうでしょう。 皮膚がんの発症リスクを高めないためにも、自分でできる紫外線対策を考えて行動し、紫外線を浴び続けないように気を付けるなど、配慮していくようにすることが大切です。